地銀やバスの統合審査緩和 公取が柔軟姿勢

 政府は6日、成長戦略を議論する「未来投資会議」(議長・安倍晋三首相)を開き、人口急減地域で経営する地方銀行や乗り合いバス会社の経営統合を巡る独占禁止法の適用ルールを緩和する方針を打ち出した。これら2業種を、破綻すれば地域に甚大な影響を与える「地方基盤企業」と位置づけ、地域経済やインフラを維持するた

出典
https://mainichi.jp//mainichi.jp/articles/20181107/k00/00m/020/127000c

コメント