地方人口減で地銀存続優先

 政府が独占禁止法の適用ルールを緩和して地銀などの経営統合を後押しする背景には、人口が急減する地方では、競争よりも生き残りを優先せざるを得ないとの判断がある。共倒れを防ぐ狙いだが、サービス低下を懸念する声にどう応えるかが課題になりそうだ。

出典
https://mainichi.jp//mainichi.jp/articles/20181107/k00/00m/020/130000c

コメント