国側「救済立法義務ない」強制不妊札幌訴訟

 旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術と人工妊娠中絶を強いられ、憲法が保障する家族の形成権などを奪われたとして、北海道の女性(75)と夫(81)が起こした国家賠償請求訴訟について、国側は請求の棄却を求める答弁書を札幌地裁に提出した。旧法下の中絶や旧法の違憲性については触れず、「(救済の)立法

出典
https://mainichi.jp//mainichi.jp/articles/20181107/k00/00m/040/045000c

コメント