リニア談合、大林組と清水建設の罰金刑が確定

 リニア中央新幹線の建設工事を巡る大手ゼネコン4社の談合事件で、独占禁止法違反(不当な取引制限)に問われた法人としての大林組に罰金2億円、清水建設に同1億8000万円を言い渡した東京地裁判決が確定した。検察、弁護側双方が【社会】

出典
https://www.yomiuri.co.jp/national/20181106-OYT1T50081.html

コメント