野党、初入閣組に照準=参院予算委、たびたび紛糾

 5日の参院予算委員会で、野党側は初入閣組の資質に照準を合わせて厳しく追及した。攻撃対象となった片山さつき地方創生担当相らは的確に答弁できず、審議はたびたび紛糾。待機組を大量登用し「在庫一掃セール」ともやゆされる改造内閣への不安が早くも的中した格好だ。【関連ニュース】第4次安倍改造内閣 「上から目線、人権軽視とも取れる発言が多い。生活保護バッシングの先頭に立っていた」。立憲民主党の杉尾秀哉氏は、片山氏が「生活保護は生きるか死ぬかのレベルの人がもらうもの」と発言したことを取り上げてこう指弾した。 

出典
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018110500936&g=pol

コメント