グーグルマップにヘイト表現=朝鮮総連を「犯罪者」-専門家、社会的責任指摘

 インターネット検索大手グーグルの地図サービス「グーグルマップ」で、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の東京都本部(墨田区)や社民党の旧本部所在地(千代田区)が「犯罪者」などと表記されていたことが4日、分かった。何者かが書き込んだとみられるが、専門家は人種差別などをあおるヘイトスピーチ(憎悪表現)の防止に向け、「グーグル側にも社会的責任がある」と指摘している。 朝鮮総連東京都本部は「朝鮮進駐軍犯罪者」などと書き込まれ、「東京 犯罪者」と入力して検索した場合でも表示された。社民党の旧本部所在地も「朝

出典
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018110400254&g=soc

コメント