オランダ・アムステルダム市、赤線地区外での売春許可を検討 観光客対策で

【ハーグAFP=時事】オランダの首都アムステルダム市は2日、セックスワーカー(性労働者)たちに赤線地区「ワレン」外でも売春を許可することを検討中だと明らかにした。人気観光地と化した赤線地区の浄化対策と、売春婦たちの労働環境の改善が狙いだという。(写真はオランダ・アムステルダム市内にある赤線地区の「飾り窓」、資料写真)ブードゥーの黒魔術で脅迫=移民に売春させた女に禁錮14年-英 オランダ語で運河の土手を意味するワレンは、売春婦たちが客引きをする「飾り窓」で有名な市中心部の赤線地区。毎年、アムステル

出典
https://www.jiji.com/jc/article?k=20181105037863a&g=afp

コメント