かつてない復讐劇――中江有里が6年ぶりのガリレオシリーズを読む

『沈黙のパレード』(東野圭吾 著) 殺人事件の容疑者が逮捕されると「動機」に注目が集まるが、昨今見聞きするあまりに身勝手で突発的な犯行動機には戦慄が走る。 一方で愛する人を奪われた側はこの手で犯人を…

出典
http://bunshun.jp/articles/-/9537

コメント