【外交安保取材】「未来志向」に水さす韓国 次は「慰安婦財団」の解散か

日韓両国の「未来志向」による関係発展は期待したいが、韓国の国会議員による竹島(島根県隠岐の島町)への上陸や、元徴用工訴訟で韓国最高裁が日本企業に賠償を命じた判決…

出典
https://www.sankei.com/premium/news/181105/prm1811050005-n1.html

コメント