外国人就労、初年度4万人想定 国会提出

 外国人労働者の受け入れ拡大のため、政府は2日の閣議で新在留資格「特定技能」を創設する入管法改正案と、法務省入国管理局を「出入国在留管理庁」に格上げする法務省設置法改正案を決定し、臨時国会に提出した。山下貴司法相は閣議後記者会見で「人手不足が深刻化して経済・社会基盤の持続可能性を阻害する可能性が出て

出典
https://mainichi.jp//mainichi.jp/articles/20181103/k00/00m/010/213000c

コメント