パラオ、「サンゴ礁に有害」な日焼け止め禁止へ 2020年から

【コロールAFP=時事】太平洋に浮かぶ島国パラオは、「サンゴ礁に有害」な日焼け止めを2020年から禁止する。同国の有名なサンゴ礁をむしばむ化学物質による汚染を食い止めるため、世界で最初に施行される試みだという。(写真はパラオのロックアイランド、資料写真) オーストラリアと日本のほぼ中間に位置する西太平洋のパラオは、世界有数のダイビングの名所として知られているが、人気が高まれば代償を伴うと政府は警戒している。 トミー・レメンゲサウ大統領の報道官は、大半の日焼け止めに含まれる化学物質は、たとえ微量で

出典
https://www.jiji.com/jc/article?k=20181102037856a&g=afp

コメント