改憲議論、自民に孤立感 他党冷ややか

 日本国憲法は3日で公布72年を迎える。安倍晋三首相は今国会で憲法改正論議の加速を目指すが、与党・公明党の山口那津男代表は前のめりな発言を慎むようけん制。野党は改憲の賛否を呼びかけるテレビCMの規制を求めるなど、懸案の国民投票法改正案の成立さえ不透明だ。各党とも来年の参院選をにらんで「首相ペース」に

出典
https://mainichi.jp//mainichi.jp/articles/20181103/k00/00m/010/158000c

コメント