外国人労働者 受け入れ総数上限 野党3党派議連が対案

 立憲民主、国民民主両党と衆院会派「無所属の会」の野党3党派による議員連盟は2日、同日に閣議決定された出入国管理法改正案の対案をまとめた。外国人労働者の受け入れ総数に上限を設け、労働力不足の状況に応じて産業分野や地域ごとに割り振る新制度の創設が柱。3党派による共同提出の可能性も模索する。

出典
https://www.sankeibiz.jp/macro/news/181102/mca1811022246015-n1.htm

コメント