中1男女殺害、起訴内容を否認=遺族に土下座、謝罪も-48歳男の初公判・大阪地裁

 大阪府寝屋川市の中学1年の男女2人が2015年に殺害された事件で、殺人罪に問われた山田浩二被告(48)の裁判員裁判の初公判が1日、大阪地裁(浅香竜太裁判長)であった。山田被告は土下座して遺族に謝罪したが、罪状認否では「殺すつもりはありませんでした」と起訴内容を否認した。男子の死因は窒息=起訴内容変更-大阪中1殺害 殺意や責任能力が争点。弁護側は2人の殺害を否認した上で、平田奈津美さん=当時(13)=については傷害致死罪、星野凌斗さん=同(12)=には「何らかの体調不良で亡くなった」として、保護

出典
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018110100170&g=soc

コメント