「言論の自由」は尊いが、極右SNS「Gab」の存続は許されない

米ピッツバーグでユダヤ教の礼拝所が襲撃された事件を巡り、“犯行予告”に使われたとされるSNS「Gab」がサーヴィス停止に追い込まれた。極右主義者のたまり場と化してヘイトが溢れ、法律で明確に禁じられている反ユダヤ的な言動を野放しにしていたSNSに「言論の自由」は適用すべきなのか。

出典
https://wired.jp/2018/11/02/gab-offline-free-speech-alt-right/

WIRED
スポンサーリンク
フォローする
リーガルオンライン

コメント