「がらんどう」野党、未定事項多く批判

 野党は2日に国会提出された入管法改正案などに関し、未定事項の多さから「がらんどう」などと批判した。一方で外国人労働者の受け入れ拡大そのものへの明確な反対はなく、政権の「拙速」批判にとどまっている。

出典
https://mainichi.jp//mainichi.jp/articles/20181103/k00/00m/010/192000c

コメント